遠距離恋愛で挫けそうになった時の電話占い

今では、それなりに幸せに人生を送れていると感じている私です。しかし今の自分を押してくれたのが、電話占いでした。それは、恋愛・結婚についての悩みでした。古い話ですが、妻と交際している時は、すれ違いが続く関係が何年も続いていました。遠距離恋愛が続いていたのです。

あの頃の私は、東北の仙台で働いていました。転勤で彼女を東京に残したまま、東京から移っていたのです。その時、妻は看護師として働いていました。看護師と言うと、時間がかなり不規則で、中々連絡が付かないことも珍しくはなく、数週間も連絡が途絶えることもあり、数ヶ月に一度しか会えないこともよくありました。

その頃、仙台でも心を惑わせるようなことも少なくなかったのです。決して女性にモテるタイプとは思っていなかった自分ですが、言い寄ってくる女性が何人がいたことも事実です。

そうなると、どうしても心がフラフラと危うくなりそうになるのですが、それでも彼女に対する気持ちは変わりません。本気で結婚を考えていたのですから。しかし、精神的には悩める時には、誰かに背中を押して欲しいものです。だからこそ、占いに頼ってみようと思いはじめたのです。

しかし、その当時は都内でカリスマ的な占い師の人が仙台にいるわけでもなく、ネット占いもある時代ではありませんでした。しかし、ふと知ったのが、電話占いでした。夜遅くにもかかわらず無我夢中で受話器を上げて、電話をしました。電話の先には物静かな占い師の方が居ます。

自分の置かれた環境と、その時の心境を包み隠さずさらけ出します。占い師の人が、初めにおっしゃった言葉は、今でも忘れることはありません。「彼女は、いつまでもあなたのことを大事に真剣に想っていますよ。でも、あなたがくじけた時にその流れが変わっていきます。」

そう、自分が彼女を信じることでした。そうすることで、本当の幸せが訪れるということです。占い師の方の言葉を聞いた時は、安心した以上に自分の情けなさを反省しました。

こんなに自分を想っている彼女に対する気持がフラつきそうになったことを。しかし、あの時の電話占いがあったからこそ、ゴールインできたのだと思っています。あれから長い月日が経ちました。おかげさまで、平凡ながらも慎ましく妻と子供達に囲まれて幸せな日々をすごしています。子供達も成長して変愛に悩む年頃になってきました。恐らく占いで自分の行く末を相談することもあるでしょう。

もし親として相談された時に教えるのは「電話占いで観てもらってもいいかもね」という言葉かもしれません。

当たる電話占いサイトランキングTOPへ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


当たる電話占いランキング